決済を利用する

さまざまな決済サービス

決済サービスとは、クレジットカード決済、コンビニ決済、携帯キャリア決済といったさまざまなものが存在します。 各カード会社やコンビニ各社など、個別に決済を導入すると、締日が異なり処理が非常に煩雑になるため、決済代行サービスという専門業者を利用するのが一般的です。 代行業者によるシステム導入は便利ですが、業者はたくさんあり、それぞれかかる費用や、扱っている決済サービスの種類、セキュリティ、ユーザービリティなどが異なっているので、これらの要素を検討して業者を選ぶとよいでしょう。 また、上記の主な決済方法以外にも「EC-CUBE後払い」「PayPal」「NB後払い」「後払い.com」といった、代行サービスでは扱わない決済サービスも多数あります。

決済代行サービスを利用するメリット

決済代行サービスでは、毎月の使用料や手数料などを代行サービス業者に支払わなければいけませんが、個別に様々な決済サービスを導入するより多くのメリットがあります 「一括契約で契約の煩雑化を軽減」 「システムの一括導入で、開発工数を削減」 「決済管理ツールを使用して、事務工数を削減」 「入金の一本化で経理の手間を削減」 「システムのアップデートの手間を最小化できる」 実際に導入する方法は、完成済みのシステムを丸ごとレンタルするリンクタイプと、自社のサーバーに決済代行業者の提供する接続モジュールを組み込む「モジュール組込」タイプの2種類があります。 前者は、導入が簡単でシステムに詳しくなくても導入できるメリットがありますが、カスタマイズに制限があります。 モジュール組込みタイプは、開発コストがかかりますが、自社のイメージに合ったカスタマイズができる柔軟性があります。